車を運転する際に必要な運転免許

車を運転するには自動車免許が必要です。自動車を運転するための技術をしっかりと学び、試験に合格して初めて免許を取得することができます。

運転免許を取得する方法

運転免許を取得するには自動車教習所を卒業した後に運転免許試験場の学科試験に合格し、取得するのが一般的です。自宅から教習所に通って取得する通い免許と、短期間の合宿で取得する合宿免許と2つのパターンがあります。どちらも一人でも気軽に参加することが可能ですが、合宿免許だと一人で参加するのは心細いのでは…と不安に感じられることもあるかもしれません。しかし、利用するメリットはたくさんありますよ。

合宿免許を利用するメリット

お金

同じ目標を持った仲間と一緒に頑張れる

合宿免許の場合、一人で取りに来ている方同士で仲良くなる機会が多いです。合宿所の相部屋の人と自然と仲良くなって学科の問題を教えあったり、実技教習の感想や合格をもらうためのポイントについてわいわいと語りあったりすることができます。難しい教習にぶつかっても悩みを共有しあい、乗り越えて楽しみながら過ごすことができます。

配車予約をする必要がない

通い免許の場合希望する日程と時間帯に教習車に空きがあるかどうか配車予約をする必要がありますが、場合によっては教習車が空かず実技教習を見送らなければならないこともあります。せっかくこの日あいてるのに、もっと早く教習を受けたいのに…ともやもやすることもありますが、合宿免許の場合は事前にあらかじめ教習の日程が決まっているので配車予約をしなくても済みます。卒業までしっかりと予定を組まれているので自身でスケジューリングをする手間が省けます。一人ではスケジューリングに自信がない…という方でも安心です。

免許取得までの道のりが早い

合宿免許は通い免許より教習所卒業にかかる日数が少なく、取得までの道のりが短くてすむことです。これは合宿免許の最大のメリットのひとつといえるかもしれません。通い免許だと最低でも教習所卒業までに1ヶ月半から2ヶ月程度を要するようですが、AT限定だと約2週間、MTだと約16日程度で卒業できます。友達と予定をあわせてゆっくり通って卒業するのもいいけれど、ここは一人で短期集中して頑張りたい、長期休暇のうちに取得したいといった方にはぜひ合宿免許にトライしてみてはいかがでしょうか。

一人で不安な人も大丈夫!合宿免許で運転免許を短期取得

婦人

一人でも気軽に参加することが可能

合宿免許は一人でも気軽に参加することが可能です。教習のスケジュールはあらかじめ決まっていて、自分で組む必要がないので楽です。また、合宿なので通いのように教習を申し込まないまま気が付けば半年以上経っていた…ということも避けられます。一人でも自然と通い続けることができる仕組みになっているのが合宿免許の良い部分です。

初心者マーク

色々なプランがあるためプラン内容で選ぼう

合宿免許にも様々なプランがあります。教習で不合格となった場合、同じ教習をもう一度受ける際に追加教習料金が発生しない保証付きコースや保証がない代わりに料金の安くなるコースもあるようです。また、年齢によって追加料金がかからないプラン、食事つきか自炊か選ぶプラン、一人の場合個室か相部屋か選ぶプランなど色々なプランがあるためプラン内容で自分に合ったものを選ぶのが良いでしょう。

広告募集中